珠肌ランシェルの副作用と安全安心な使い方

珠肌ランシェルの副作用と安全安心な使い方

年齢肌が気になる女性からとっても評判の良い珠肌ランシェルですが、いくら口コミで評判が良くても、自分に合わず、思わぬ副作用で肌が荒れてしまっては、大変です。

そこで、珠肌ランシェルに、副作用などはあるのか、そして肌荒れなどのトラブルを起こさないためにも、安全安心な使い方についてもご紹介しましょう。

さっそく、珠肌ランシェルに副作用があるかないか、いろいろ調べて見たところ、口コミサイトでは、副作用の報告などは特に見当たりませんでした。

しかし、副作用など肌トラブルの報告がないとはいえ、本当に副作用がないのかどうか、判断するのは難しいですよね。

また、メーカーのホームぺージには、よくみると、使用する際は、注意しないといけない体質の人もいることが明記されているんです。

では、どんな人が使用を注意しないといけないのでしょうか。

そんな時には、珠肌ランシェルの成分表を確認しましょう。

例えばアトピー肌にお悩みの方などは、自分の肌に合わない成分をご存知の方も多いので、化粧品を購入する時には絶対に成分表を見るという方も少ないくないですよね。

今回も、肌トラブルを起こしそうな成分が入っていないのか、確認して行きましょう。

<珠肌ランシェルの全成分>

水、グリセリン、BG、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ペンチレングリコール、ジグリセリン、卵殻膜、加水分解卵白、酵母エキス、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、セラミド3、セラミド6Ⅱ、プラセンタエキス、スクワラン、ユビキノン、加水分解エラスチン、ヒドロキシプロリン、アミノ酪酸、ツボクサエキス、オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、チャ葉エキス、カンゾウ根エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、ノイバラ果実エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、スギナエキス、シャクヤク根エキス、ワレモコウエキス、レモン果実エキス、トウキ根エキス、アルニカ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、アロエフェロックス葉エキス、ホップ花エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、クレマティス葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、ヒバマタエキス、トリスヘキシルデカン酸ピリドキシン、ハマメリス葉エキス、ブドウ葉エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、サボンソウ葉エキス、セージ葉エキス、キュウリ果実エキス、セイヨウニワトコ花エキス、ゼニアオイ花エキス、パリエタリアエキス、マグワ根皮エキス、クララ根エキス、オタネニンジン根エキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェロール、メチルヘスペリジン、パルミチン酸レチノール、シアノコバラミン、ナイアシンアミド、コレカルシフェロール、リン酸アスコルビルMg、キシリトール、イノシトール、グリチルリチン酸2K、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、グリシン、コーン油、(ダイマージリノール酸/ステアリン酸/ヒドロキシステアリン酸)ポリグリセリル-10、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、カルボマー、キサンタンガム、ステアリン酸ポリグリセリル-10、水添レシチン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、水酸化K、シリカ、フェノキシエタノール

以上となっています。

かなり美容成分が豊富に配合されているコスメだというのがわかりますよね。

お肌が強めの方だと、いろいろな成分が網羅されているので、ピンポイントでお悩み解消ができそうです。

しかし、天然由来の植物エキスなどから抽出した成分が多いので、肌質に合わない方も割と多い可能性も否定できません。

また、珠肌ランシェルは、いわゆるオーガニック系コスメに分類されるので、ハーブ系のにおいが苦手な方もおられるかもしれないので、注意が必要ですね。

さらに、注意しなければならないのが、卵殻膜からとったLOX酵素という成分です。

成分表にも卵殻膜と表示がありますよね。

この卵殻膜というのは、卵の薄皮の部分のことです。

この薄皮には、コラーゲン生成促進の働きがあるとされており、お肌のハリ、弾力、美白、などのお悩み解消をサポートをしてくれる成分(LOX酵素)がリッチに入っています。

だから、口コミでも評判なのですね。

しかし、この卵殻膜、「卵」というだけあって、やはり、卵アレルギーの方にはお使いいただくのが難しい成分となっています。

もしも、卵アレルギーをお持ちでしたら、使用は控えられるか、軽度の場合には腕の内側など、目立たない箇所でパッチテストをおこなってからお顔に使用されるのが良いでしょう。

基本的には、パラベン、鉱物油、合成香料、合成着色料、アルコール、シリコンが全てフリーのコスメなので、少しお肌が弱目の方でも使いやすい商品ですが、ご心配でしたら、卵アレルギーの方同様に、パッチテストをされてから本格的に使われる方が安心できるでしょう。

いかがでしたか。

今回は、珠肌ランシェルの副作用の有無、安心安全な使い方についてまとめました。

ご参考になれば幸いです。
珠肌(たまはだ)ランシェルの口コミ効果を評価!ハリアップの噂は本当?

us

関連記事: