珠肌ランシェルの全成分や材料!どれが良いの?

珠肌ランシェルの全成分や材料!どれが良いの?

アットコスメでも高い注目を集めているオールインワンジェルが、珠肌ランシェルになります。

この商品は、美容業界で大注目の成分「LOX活性卵殻膜」を主成分として配合しており、角質層のバリア機能を整えて、保護する効果が期待できます。

そのため、肌の乾燥で悩まされている方や、ほうれい線やシミなどの年齢肌サインが気になり始めた方にオススメです。

それでは、珠肌ランシェルに含まれている全成分をご覧ください。

「珠肌ランシェル 全成分」

水、グリセリン、BG、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ペンチレングリコール、ジグリセリン、卵殻膜、加水分解卵白、酵母エキス、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、サクシノイルアテロコラーゲン、セラミド3、セラミド6㈼、プラセンタエキス、スクワラン、ユビキノン、加水分解エラスチン、ヒドロキシプロリン、アミノ酪酸、ツボクサエキス、オウゴン根エキス、イタドリ根エキス、チャ葉エキス、カンゾウ根エキス、ローズマリー葉エキス、カミツレ花エキス、ノイバラ果実エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、スギナエキス、シャクヤク根エキス、ワレモコウエキス、レモン果実エキス、トウキ根エキス、アルニカ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、アロエフェロックス葉エキス、ホップ花エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、クレマティス葉エキス、セイヨウナツユキソウ花エキス、ヒバマタエキス、トリスヘキシルデカン酸ピリドキシン、ハマメリス葉エキス、ブドウ葉エキス、セイヨウトチノキ種子エキス、トウキンセンカ花エキス、フユボダイジ・u槭Q屮┘㈭w)\キ、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、サボンソウ葉エキス、セージ葉エキス、キュウリ果実エキス、セイヨウニワトコ花エキス、ゼニアオイ花エキス、パリエタリアエキス、マグワ根皮エキス、クララ根エキス、オタネニンジン根エキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、トコフェロール、メチルヘスペリジン、パルミチン酸レチノール、シアノコバラミン、ナイアシンアミド、コレカルシフェロール、リン酸アスコルビルMg、キシリトール、イノシトール、グリチルリチン酸2K、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、グリシン、コーン油、(ダイマージリノール酸/ステアリン酸/ヒドロキシステアリン酸)ポリグリセリル−10、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル−10、カルボマー、キサンタンガム、ステアリン酸ポリグリセリル−10、水添レシチン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、水酸化K、シリカ、フェノキシエタノール

これだけの美容成分が配合されていますが、敏感肌の方の負担となってしまうパラベン、合成香料、合成着色料、鉱物油、シリコン、アルコール等は一切配合されていません。

LOX活性卵殻膜力と、紫外線によるメラニンを作らせないための対策として、セレプロンも配合されています。

進化した次世代オールインワンジェルとして、とても注目度の高い商品となっているので、是非この機会にお試しください!

口コミもどうぞ。
珠肌(たまはだ)ランシェルの口コミ効果を評価!ハリアップの噂は本当?

Us

関連記事: