HANAオーガニックムーンナイトミルクの全成分と特徴

オーガニックコスメでオールインワン、
しかも夜専用の乳液で人気のある
HANAオーガニックムーンナイトの
全成分と特徴についてご紹介します。

■HANAオーガニックムーンナイトミルクの全成分

ムーンナイトミルクの全成分は次の通りです。

ダマスクバラ花水、プロパンジオール、ヒマワリ種子油、ツバキ油、カプリル酸ヤシ油アルキル、水、(C14-22)アルコール、レウコノストック/大根根発酵液、オリーブ油脂肪酸セテアリル、オリーブ油脂肪酸ソルビタン、サリックスニグラ樹皮エキス、アルキル(c12-20)グルコシド、キサンタンガム、月見草油、ビターオレンジ油、トコフェロール、BG、オレンジ果皮油、オニサルビア油、イランイラン花油、ビターオレンジ葉/枝油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、エタノール、トウキンセンカ花エキス、ダイズ油、ハチミツエキス、ノバラエキス、シャクヤク根エキス、デキストリン、加水分解オクラ種子エキス、ローズマリー葉エキス、加水分解ハトムギ種子、キュウリ果実エキス、コメ胚芽油

これら全成分が天然植物成分由来で、
しかも界面活性剤や、石油系鉱物油、防腐剤、着色料、合成香料フリーです。

また成分一つ一つの配合目的や原材料の
産地までホームページ上で公開されています。

国際的なオーガニック認証基準に
基づいて作られているので
安全安心ですよね。
洗顔後のオールインワン ムーンナイトミルク

■ムーンナイトミルクの特徴

ムーンナイトミルクの特徴は次の3つにあります。

保湿成分
蜂蜜、米ぬか油、椿油

エイジングケア成分
クラリセージ、ダマスクローズ、ラベンダー、イランイラン、ネロリ、ゼラニウム

皮膚柔軟化成分
シャクヤク、はと麦、キュウリ

これらの植物由来の成分を、
「肌に塗る」というアプローチで、
夜間に肌の再生が正常に行われるのを手助けしてくれます。

夜用ですが朝も使うことが出来ます
ただ朝は、ムーンナイトミルクの後に
日焼け止めを塗るのを忘れないでくださいね。

夜は、洗顔後にムーンナイトミルクを
塗るだけで大丈夫
です。

また、こだわりのオーガニック成分
なのは「嗅ぐ」というアプローチ
重要だからです。

夜間はリラックスしているほど
副交感神経が優位になり肌の再生に
大事なターンオーバーが正常に働きます。

ですから、ただ肌のケアをすること
だけではなく、夜間にストレスを
取り除いてリラックスモードになれる
花精油にもこだわって作らているのが、
ムーンナイトミルクの特徴です。
美白と保湿効果に優れています。
公式サイト→洗顔後のオールインワン ムーンナイトミルク

milk_img03

関連記事: