ビューティーオープナージェルの全成分や材料!どれが良いの?

ビューティーオープナージェルの全成分や材料!どれが良いの?

子供の頃はあんなに肌がきれいだったのに、大人になるとどうしてこんなに毛穴、シワ、シミに悩まされるようになるのだろう。

年齢を重ねていくとこのように感じることがありますよね。

うちには幼稚園児の娘がいますが、娘の肌を見て自分も昔はこうだったのかと、愕然とした気持ちになることがあります。

できることなら、昔のような弾力に溢れるぷるぷるの肌を取り戻したい!

私は日ごろからこのように考えてきました。

良いと言われる化粧品はできるだけ試し、一体どの程度効果があるのか自分自身の肌で体験してきましたが、これだ!!と思える化粧品にはなかなか出会うことができない現実があります。

そんな時に、諦めていた大人の肌に画期的な効果をもたらす成分として注目を集めていたのが「卵殻膜」です。

ゆで卵をむいたときに、卵の殻の内側に薄い膜がありますよね。

この膜には18種類のアミノ酸とコラーゲン、ヒアルロン酸が構成されており、人の髪の毛や肌に非常に近いタンパク質が主成分となっています。

この成分を肌に生かすことができないのか。

そんな研究をしていたのが、卵殻膜のスペシャリストたちで、その研究を生かしとうとう登場したのが、「ビューティーオープナージェル」です。

ビューティーオープナージェルは化粧水、乳液、美容液、保湿ジェル、化粧下地、美容パック6つの効果を発揮してくれるオールインワンジェルとなっております。

ですからこれ1つで透明感のなさ、肌の乾燥、ハリの低下、毛穴トラブル全てに対して対応してくれます。

さらにエイジングケア化粧品の代表的な成分でもあるプラセンタエキス、エラスチン、セラミド、プロテオグリカンなどといった豊富な成分も同時に配合しているのです。

ですから今までのオールインワンジェルでは実感することができなかった効果を感じることができると言われています。

実際に使ってみると浸透力に非常に優れ、まるでオールインワンジェルとは思えないような保湿力の高さと持続力に優れていることがわかります。

もしもあなたが私のように、あの頃の肌に戻りたいと常日頃から思っているのなら、ぜひ一度ビューティーオープナージェルを試してみて下さい。

ビューティーオープナージェルの口コミ効果レビュー!他のオールインワンジェルと何が違う?

なお、ビューティーオープナージェルにどのような成分が配合されているのか気になり、全成分についても調べてみたので、ぜひこちらも参考にしてみてくださいね!

「ビューティーオープナージェル全成分」

水・グリセリン・プロパンジオール・ジメチコン・エタノール・(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー・加水分解卵殻膜・水溶性コラーゲン・加水分解ヒアルロン酸・加水分解エラスチン・セラミドNP・セラミドNG・セラミドAP・水溶性プロテオグリカン・スクワラン・グリセリルグルコシド・グルコシルヘスペリジン・イソステアリルアスコルビルリン酸2Na・乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液・グリシン・プラセンタエキス・カラスムギ穀粒エキス・コルクガシ樹皮エキス・(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー・キサンタンガムクロスポリマー・水添レシチン・フィトステロールズ・酸化銀・BG・DPG・ペンチレングリコール・PEG-32・ヒドロキシエチルセルロース・炭酸水素Na・フィチン酸・ポリソルベート60・香料・フェノキシエタノール

⇩⇩お得なコースがある公式サイトはこちら!

1つで6役の簡単スキンケア!

rU

関連記事: