ナイトリッチブルーオーラの全成分と特徴

あえて浸透させずに肌表面にとどめる
という新発想の美容理論でTV等で
人気を集めている美カンヌ化粧品の
ナイトリッチブルーオーラの
全成分と特徴をご紹介しましょう。

■ナイトリッチブルーオーラの全成分
水、グリセリン、BG(ブチレングリコール)、ダマスクバラ花水、ジグリセリン、ラフィノース、DPG(ジプロピレングリコール)、グリコシルトレハロース、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシグリコール、コハク酸ビスエトキシグリコール、加水分解水添デンプン、フィチン酸、カルボマー、キサンタンガム、ポリソルベート80、水酸化K、テトラカルボキシフタロシアニン鉄、アスコルビルグルコシド、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、香料、ゲンチアナ根エキス、チガヤ根エキス、PEG-8(ポリエチレングリコール)、
クレアチン、パセリエキス、水酸化レシチン、フェノキシエタノール

の以上です。
弱酸性、無着色で合成香料不使用になっています。
ナイトリッチブルーオーラ

■ナイトリッチブルーオーラの特徴

ナイトリッチブルーオーラの全成分の
中でメインとなる成分は保湿成分である
テトラカルボキシフタロシアニン鉄です。

アレルギーに敏感な赤ちゃんの肌着の
繊維にも織り込まれるほど安心の成分です。

これが美容酵素「メディエンザイム」
と呼ばれる人工酵素です。

テトラカルボキシフタロシアニン鉄が
ブルーなので、
ナイトリッチブルーオーラも綺麗な
ブルーのジェルだというわけです。

このメディエンザイムが、
肌に浸透させなくても肌表面に留めて
肌のメンテナンスを行うことができる秘密です。

人工酵素というと酵素ダイエットで
話題の酵素とは何か違うのでしょうか。
ダイエットや美容に良いと話題の
酵素は体内でいろんな反応をする時に
必要な物質です。

人工酵素も人工的に作られているだけで
いわゆる話題の「酵素」と同じメカニズムを持っています。

このメディエンザイムは、
肌表面をバリアのように覆い
外部のダメージから肌を守ります

そしてバリアしながら保湿するので
自然と肌のキメが整い、潤いを
保持でき、ハリもアップさせてくれるのですよ。

私も、今、毎日使っているんですが
確かに驚くくらいハリと潤い
生まれて喜んでいますよ。
キメも細かくなっています^^
公式サイト→ナイトリッチブルーオーラ
bikanu1

関連記事: